<   2014年 12月 ( 3 )   > この月の画像一覧

トーマス・D. シーリー『ミツバチの会議』の問い

by puchihani | 2014-12-31 00:47 | みつばち・蜂蜜の不思議
蜜蝋シートを手で巻いて作った5色の蜜蝋蝋燭 141228-23
蜜蝋シートを手で巻いて作った5色の蜜蝋蝋燭

IT関連のビジネス書に並んで、アドラーの心理学。ベストセラーを書店で追っていると、テーマに関する実験は、どの範囲で行われたものなのかしら?と知りたくなります。

実験的であればあるほど、限られた状況下にせざるを得ない...それは、真といえるのかどうかとは別問題である、と海外の社会学系の本に書いてあったことを思い出します。その翻訳者に直接お話しを伺った際、記録の集積を軽んじているわけではなく、記録するには、長期間に渡って状況を変えて記録を追跡した方が、結果を真に近づけられるとおっしゃっていました。

トーマス・D. シーリー『ミツバチの会議』(築地書館、2013年)には、その条件に該当する部分がありました。

主な内容は、「ミツバチが新しく巣を作る際、巣に適した場所を探す方法」です。原題は Honeybee Democracy ですので、巣を探すには民主主義的な何かが働いていると推測できます。新しい巣の場所を探すという意思決定に、民意が反映されていると仮定して読むと、巣を探す担当の蜂が、選ばれし意思決定者として捉えることもできます。巣を探す能力を持つ限られた蜂と、他の蜂との違いには、遺伝的・経験的な要素が含まれます。集団(群)の生死を分ける「巣作り」は、的確かつ迅速でなければなりません。意思決定の過程では、巣を的確に探す先鋭蜂世代の交代と、意思を集団に伝えやすくする鍵となる蜂の存在が深く関与しています。

著者は、ヒトがミツバチから学ぶことはあるが、必ずしも同一ではない理由を書いています。この理由から受け取ることができるメッセージには、結果は真に近づきつつ、それを成果としてよいか?という次のテーマへの問いがあります。

-----

本年2014年、弊店にご来店下さいまして、お問い合わせ・ご注文いただき深く感謝申し上げます。教材・慶弔事のご準備・芸術作品に幅広くご活用いただき、商品をお包みし、お届けいたします度に、素材が生まれ変わっていく様子を想像させていただきました。

2015年も、日々精進してまいります。変わらぬご愛顧のほど、何卒よろしくお願い申し上げます。


蜜蝋キャンドル材料のお店はぷちはに




ミツバチの会議: なぜ常に最良の意思決定ができるのか


[PR]

かまくらに灯火、体感温度が上がる雪景色

by puchihani | 2014-12-23 01:07 | life style
Beeswax candle light of kamakura 141222-1

小さなかまくらを作って、ランタンにしてみました。

ぼたん雪が、はつはつと轍に落ちゆく度に、静寂が降りてきます。融雪装置から出る水しぶきの音・遠くに聞こえる除雪車のエンジンの音。

会話も、足音も... 聞こえません。このような環境で、ひとりで長時間過ごしていると、窓にはりついた雪がフッと消えるように誰にも知られないまま、静かに生きることを宣告されているような感覚に支配されます。頭上に近い曇天が、宣告者なのかもしれません。

Snow 141222-2

蝋燭の灯火の周りに浮かぶ景色は、時と場合を選びます。標準化されたものはなく、胸の内にあるものの投影に何を見るのか、答えを探したりします。雪景色が寒々しいほど、灯火のあたたかな反映が、現実を照らし出します。

今晩は、The Five Habits of Highly Effective Honeybees (and What We Can Learn from Them): From "Honeybee Democracy" (Princeton Shorts)ミツバチの会議: なぜ常に最良の意思決定ができるのかの復習に読むことにします。


蜜蝋キャンドルの材料は、ぷちはに












[PR]

ディッピングキャンドル(蜜蝋)『ターシャ・テューダーのクリスマス』

by puchihani | 2014-12-14 15:00 | 蜜蝋キャンドル作り方
Taper beeswax candles 141207-2

巣箱を温暖な場所に移動後、雪が降り始めました。「今日はどのくらい積もるのかしら?」天気予報を気にする日が多くなると、蜜蝋が硬くなり、表面は蝋粉に覆われます。

硬化が速いと実感できるのは、キャンドル芯に蜜蝋を浸す作業中。一般的にはコーティングと呼ばれます。コーティング後に常温で固め、再び芯の同一箇所をコーティングすることを、ディッピングと表されることがあります。蝋の上に、蝋の層を幾重にも重ねていくことで蝋の塊を作り、キャンドルとして利用します。蝋を芯にしっかりと付け固めていくには、蝋を黄金色に融解させ、ディッピングする度に、丁寧に冷え固まるのを待ちます。

ディッピングは、蜜蝋と芯があればキャンドルを成形できますので、プリミティブでシンプルな作り方ともいえます。蝋をシートにする道具や、蝋を流し込む型を必要としません。蝋を溶かすために湯煎しなければなりませんので、鍋・容器・水・熱源の用意と、熱傷に注意が必要です。

100%天然蜜蝋を使用したディッピングは、ターシャ・テューダースタイルとしてご存じの方も多いと思います。2014年、感謝の気持ちを伝えたいお相手にHand-dipped beeswax candles。

ぷちはにでは、ディッピング用の蜜蝋をご用意いたしております。



ターシャ・テューダーのクリスマス

[PR]